読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アキバ住み

いつかは電気街

大佐と少将の狭間で

きっとおそらくたぶん大体概ね高い割合で社会人の提督の階級は大佐だと思う。
階級は1ヶ月単位で取得した提督経験値に基いて決定されます。そうなるとやはり日中ほとんど艦これをやる暇がない社会人は必然的に出撃する回数も少なくなるのでなかなか上位階級に食い込むのは難しい。

多分に漏れず私も平日は朝晩中心にルーチンワーク的に出撃/遠征をこなすわけですが、そうやってると1ヶ月のうち大半は大佐、後半にちょこっと少将に食い込むくらいのペースなんですね。
そうすると前半は大佐の人、後半は少将の人と演習できるようになるわけです。

普段自分がどんな階級だろうとそこは気にしないんだけど、そういう期間の半分とか後半とかで切り替わると演習の時に、あ、少将になったなと気付く時があるわけです。この狭間で割りと顕著に違いがあるなーと思うのが所謂「単艦放置」というやつ。単艦というかとりあえず旗艦と2隻目のレベルが高い状態。これが大佐と少将だと結構その状態に差がある。

大佐の時は演習相手が切り替わった時に単艦に出遭うのはよくて2艦隊くらい。今回は演習なしだなってのもよくある。それが少将になってくると少なくとも1艦隊は単艦放置の人がいて、演習相手全部単艦ってことも普通にある。
ただ演習相手がどう決まるのか(特にパラメータによって変動することはないランダムだと思うけど)は運だと思うので、時間帯などでたまたま単艦の人が多かったり少なかったりで階級による違いなんてものは実はほとんどないのかもしれない。そうかもしれないけど、肌感としてそう感じる。

さて、大佐と少将でこれほど違いが出てくるのはなんでだろうなーと気になっちゃいます。義務でもなんでもないです。寧ろめんどくさい作業で自分に利益はない。
単艦放置自体は操作性が改善された今、旗艦以外を外すボタンを押せばものの数秒で終わります。まぁ戻す時が少し手間ですけど。それでも”いつもの”艦隊に戻すだけなら十数秒だと思いますが。
この利益にならない手間をやるかやらないかがなぜこんなにも階級間で差が出てくるのか。

実は私も昔は単艦放置とかしてなかったんですけど、最近はやるようになりました。
やってなかった理由としては「嫁を単艦放置して知らない間に演習相手にボコられるなんてとんでもない!演習も全力出撃!」と思ってたから。耐えられないでしょ!!!!

実は今でもその気持ちがないわけではないです。だけどやってるのは工作艦「明石」の実装のせいですかね。明石さんは旗艦に置かないと機能しないです。そうすると嫁は必然的に外すことになるわけですよ。もちろん傷ついていたらそのまま明石さんに修理してもらいますけれど。割合として以前よりも旗艦に嫁がいることが少なくなりました。それだったらということで明石さんと修理する艦娘だけ置こうとなって結果的に単艦放置的な状況が作り出されてるわけですね。
「じゃあ明石さんが傷ついてもいいのか!」という反論には涙を流して「コレしか方法がなかった」と弁明します。明石さんも最高にかわいいんです。特に改にしてからというもの、九九式艦爆乳から太ももに目を奪われてばかりです。遺憾です。

と、自分の場合単艦放置に至った経緯はこんな感じなわけです。他の提督さんの下でも同じことが起こったかというと、そこまで入手困難だったわけではない艦娘だしそもそもそんなに明石旗艦見ないしでこの線はなし…。

そうしてくるとまぁ結論としては非常に退屈な単なるモチベーションの問題になるのかなというところに落ち着きますね。モチベって言うと少し違和感があるけれど、こういう時間回復系のゲームだとやっぱり途中で何もできない空白の時間が産まれて、あ、それだったら大して手間じゃないし単艦放置くらいしとこうかなというボランティア気分が湧いてくるもんです。…湧いてくるよね?「俺も経験値稼がせてもらったからお前もキラキラしてってくれよな」っていう切磋琢磨的ソーシャル効果が生まれるのかなと。

ただしモチベ高くても平日やれないと階級は低くなってしまうわけで、やはりこの限りではないなぁとも思うわけです。こんな推測に何の意味があるのだろうか。

そもそもの演習のシステム自体に疑問を感じつつ、何か修正が入るまではこの恩恵に預かるのが吉だと、そう思いますね。